見出し要素について

 見出し要素は文書中の見出しを示す為の要素で、必ず使用します。ただし、「大見出し」「小見出し」など見出しには階層があり、“h1” を最上位とし “h​6” を最も低いレベルとする6段階のレベルで実装されています。見出し要素には、セクション(文章の固まり)で紹介されるトピック(小見出し)を簡潔に記述します。

要素名 意味
h1 chapter 章
h2 section 節
h3 subsection 小節(項)
h4 subsubsection 小々節(目)
h5 paragraph title 段落小見出し
h6 subparagraph title 小段落小見出し

見出し要素の記述方法と実際の見え方

 使われているテーマによって見出しの表示が変わりますが、私のテーマでの表示のされ方を参考にしてみてください。使う見出しは、“h3” か “h4” くらいまでです。

見出し要素について | Acca

 実際に表示されると以下のとおりです。

見出し1

見出し2

見出し3

見出し4

見出し5
見出し6
  • “h1” は、固定ページや投稿のタイトル部分に設定されているので、実際に使用するのは “h2” からです。
  • 上位から順番に設定するという規則あるので、“h2” を飛ばして “h3” を設定するようなことはしないでください。
  • 見出し要素を設定すると文字が強調されたり文字サイズが変更されたりしますが、見出し以外には使わないように注意してください。

ライン | Acca’s Blog

お問い合わせは、こちら ↓ からどうぞ!

お問い合わせはコチラ | Acca's Blog

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP