朝の写経:24日目「故知般若波羅蜜多」

「1日5分 朝の般若“心経写経”手帖」 | Acca's Blog

今日の写経「故知般若波羅蜜多」

意味:さて、そろそろわかったでしょうけれど、彼岸に至るための智恵とは、

 写経の目的は文字の上達ではありませんが、産物として文字が上手になる。文字だけではなく、人生はいいものをお手本にしたほうが、それまでうまくとれなかったバランスがとれるようになる。周囲にいる人の良いところだけをお手本にすると、素敵な人になれる。

もともともっている力を引き出すのが仏教

 世の中には、バランスをとろうとする力が働いている。私たちの身体もその機能をもっている。ケガをすれば身体が勝手に治そうとしてくれる。バランスのとれた元の状態に戻そうとする力が働いている。
 私たちはもともと素晴らしい力を内蔵している。それを引き出す方法が仏教。

〔引用:1日5分 朝の般若“心経写経”手帖 名取芳彦著 ナツメ社〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

http://accaweb.net/lay-sermon/20173024_syakyou/trackback/

PAGE TOP