朝の写経:29日目「羯諦羯諦 波羅羯諦」

「1日5分 朝の般若“心経写経”手帖」 | Acca's Blog

今日の写経「羯諦羯諦 波羅羯諦」

意味:往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、

 いよいよ最後の呪文の部分。こうした呪文は「真言」と呼ばれ、言葉の響き自体に力があるので、通常訳すことはない。訳してしまうと力がなくなってしまう。
 『般若心経』全文を唱えるのにかかる時間は、初心者で約3分。慣れた人なら90秒程度。急いで唱えたい場合は、今日の写経の部分だけをすぐに3回唱えるだけで、ご利益があるといわれている。

今の自分に集まる条件に思いをはせる

 昔の人は言った。「籠に乗る人、担ぐ人、そのまたわらじを作る人」。自分が籠に乗っていることを得意になってはいけない。その籠を担いでくれる人がいるから乗れる。また、担ぐ人も自慢してはいけない。わらじを作ってくれた人がいるから担げる。
 こんな素敵な考え方を、いつのまにかだれもしなくなった。みんな籠に乗れる人になれと言わんばかり。「みんなちがって、みんないい」を曲解して「人は人、自分は自分で勝手にやればいい」と思い込んでいる人が少なくない。

〔引用:1日5分 朝の般若“心経写経”手帖 名取芳彦著 ナツメ社〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

http://accaweb.net/lay-sermon/20170329_syakyou/trackback/

PAGE TOP