朝の写経:27日目「能除一切苦 真実不虚」

「1日5分 朝の般若“心経写経”手帖」 | Acca's Blog

今日の写経「能除一切苦 真実不虚」

意味:あらゆる苦しみを取り除き、真実にして、嘘や偽りでありません。

 仏教の苦の定義は「ご都合通りにならないこと」。「ご都合通りにしようとしなくなるので、苦が除かれる」ということ。

無駄なものは一つもない

 無駄なものは生えてこないし、生きてもいない。それが、「真実にして虚にしからず」という、ありのままの世界。
 私たちもこの地球で、同じように生まれて、生きている。自然界から「生きてもいてもOK」という堂々たるお墨つきをもらっているようなもの。

〔引用:1日5分 朝の般若“心経写経”手帖 名取芳彦著 ナツメ社〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

http://accaweb.net/lay-sermon/20170327_syakyou/trackback/

PAGE TOP