朝の写経:9日目「舎利子 是諸法空相」

「1日5分 朝の般若“心経写経”手帖」 | Acca's Blog

今日の写経「舎利子 是諸法空相」

意味:舎利さん、私たちの心を含めて、自然などの周囲の環境、それらすべてに行き渡っている「空」というあり方は、

 私たちが、生まれて、喜怒哀楽しながら生活することも、なるように、あるいはそうするように、なっている。それを法という言葉でまとめている。太陽が上がり、沈み、風が吹き、雨が降り、日光がまぶしく、雲が流れるありさまも、そうなっていることなので法という。

勝ち負けや損得を人生に当てはめない

 強さと弱さ、勝ち負けだけを基準にした人生は、心が乱れるばかり。
 強い者は傲慢になるか、勝ち続ける(負けてはいけない)ことに必死になる。弱い者は劣等感にさいなまれ、強い者をねたみ、引きずり落とそうと躍起になる。
 損得という言葉は、経済用語であって、人生に当てはめる言葉ではない。
 人として、素敵に生きればそれでいい。

〔引用:1日5分 朝の般若“心経写経”手帖 名取芳彦著 ナツメ社〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

http://accaweb.net/lay-sermon/20170309_syakyou/trackback/

PAGE TOP