朝の写経:6日目「舎利子 色不異空 空不異色」

「1日5分 朝の般若“心経写経”手帖」 | Acca's Blog

今日の写経「舎利子 色不異空 空不異色」

意味:舎利さん、形あるものはさまざまな条件によって、今あなたの目の前にあります。逆にいえば、いろいろな条件(縁)によって成り立っているのが形あるものなのです。

 「色」は、私たちが目で見る物体のこと。物体は、条件によって次々の変化していく、空なる存在。「変わらぬものは何もない」という空の大原則は、どんな物体にも通用する。

人と別れるときにはまとめの言葉を加える

 誰かと話す時には相手の名前をときどき入れた方がいい。お別れするときにその人と一緒いた時間のまとめをする。「○○さん、今日はありがとうございました。勉強になりました。」「○○さん、今日は楽しかったです。またお会いできるのを楽しみにしています。」など。

〔引用:1日5分 朝の般若“心経写経”手帖 名取芳彦著 ナツメ社〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

http://accaweb.net/lay-sermon/20170306_syakyou/trackback/

PAGE TOP