2017年3月

31件の投稿

「1日5分 朝の般若“心経写経”手帖」 | Acca's Blog
今日の写経「般若心経」 意味:以上が、般若(波羅蜜多)の心髄の教えです。  もっとも多く書いた字は「無」の21回。次に「不」の9回。「空」が7回。「般若波羅蜜多」も6回書いた。「般若」は今日の写経する分を入れれば7回で「 …
「1日5分 朝の般若“心経写経”手帖」 | Acca's Blog
今日の写経「波羅僧羯諦 菩提薩婆呵」 意味:彼岸にまったく往ける者よ、幸あれ。  今日は真言の後半部分「パーラサン・ガテー・ボーディ・スバッハ」の音写部分。漢字の音読みである「はらそう・ぎゃてい・ぼじそわか」でも、真言と …
「1日5分 朝の般若“心経写経”手帖」 | Acca's Blog
今日の写経「羯諦羯諦 波羅羯諦」 意味:往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、  いよいよ最後の呪文の部分。こうした呪文は「真言」と呼ばれ、言葉の響き自体に力があるので、通常訳すことはない。訳してしまうと力がなくなっ …
「1日5分 朝の般若“心経写経”手帖」 | Acca's Blog
今日の写経「故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰」 意味:そこで、彼岸に至るための智恵の呪文を説きます。すなわち、呪文で説いて言うところでは、  24日目の「故に知るべし。般若波羅蜜多はこれ大神呪なり・・・」から今日までが、最後 …
「1日5分 朝の般若“心経写経”手帖」 | Acca's Blog
今日の写経「能除一切苦 真実不虚」 意味:あらゆる苦しみを取り除き、真実にして、嘘や偽りでありません。  仏教の苦の定義は「ご都合通りにならないこと」。「ご都合通りにしようとしなくなるので、苦が除かれる」ということ。 無 …
PAGE TOP